自転車でキャンプに行きたいけど未だに行けてないからアウトドアショップ巡り

キャンプに行きたいけど、ファミキャン用具はもう捨てた

重量とかまったく気にしないファミキャン用具は、物持ちがいい自分には珍しく3年くらい前にすべて処分してしまったので、キャンプ用具は今はなにも持っていない。
自転車でキャンプに行くには、ファミキャン用具ではオーバースペックなので、なくても困らないんだけど、なんにもないとなかなか一歩を踏み出せなかったり。
               

             
なので、なにか刺激が欲しくって、横浜駅周辺を散策。

一軒目は神奈川トヨタが運営しているらしい、アウトドア専門ショップ「GOOD OPEN AIRS myX」に。
IMG_20180707_151548
                        
                
以前から気になっていたお店なんだけど、自転車で行くには通過点的な位置なのでなかなか機会がこれまでなかったんだけど、暇にまかせて町田から横浜線で。
                 
1Fはキャンプ用品とウエア。
B1Fは自転車と釣り用品。
2Fがアウトドア仕様のトヨタ車。
                 
キャンプ用品は後付けで、自転車からはじまったのかも。MTBだらけ。
IMG_20180707_153332
                                   
                              
              
キャンプ用品は、インポート物もたくさんで、なかなか本気のものを揃えているみたいだけど、予想通り完全にファミリー仕様。
IMG_20180707_154648
                             
なにかイマドキのファミキャン仕様がよくわかったかも。
                        

ニ軒目は登山用品専門店「カモシカスポーツ」

ファミキャンのmyXから、こんどは自転車キャンプとも共通するんじゃないかと登山用品のカモシカスポーツへ。
IMG_20180707_162115
                  
好日山荘でもよかったんだけど、大きなお店で見たかったので、ここはなかなか好印象。
                 
エントランスにはソロ用テントが。
IMG_20180707_163305
                       
     
バーナーのバリエーションも沢山あってうれしい。
IMG_20180707_164231
                            
                  
2Fはアウトレットコーナーと休憩スペース。山の本も沢山。
コーヒーが無料でいただける。
                           
                                                           
     
そして店内ではボルダリングもできちゃう。
IMG_20180707_164432
                              
               
ソロテントは数種類あったけど、登山での優先項目である「重量」にこだわったテントがほとんどで、宿泊だけではなく滞在時間を楽しみたい自分の用途とはちょっと方向性が違うのかも。フライシートがないんだよなー。
                      
                    

まずはテントが欲しい

Goliteのシャングリラがもう存在しない今。
かっこいいテントほしいなあ。
    
気になっているのは2つ。
                
1つ目は、
テンマクデザインのワンポールテント「パンダ」
2018_07_15
フライとインナーあわせて2,190g。
サイズは幅240cm×奥行き240cm×高さ150cm。
価格は¥21,284と、その重量から考えると格安かも。
                     

そして2つ目。
LOCUS GEARのKhafra Sil / カフラ・シル。
2018_07_12-2
こちらはフライのみの重量で740g。
サイズは幅280cm x 奥行き280cm x 高さ170cm。
価格は¥40,800。
ただしこちらは受注生産のため、納期まで約9週間とのこと。
                                                 
 
パンダよりカフラ・シルが面積そして高さともに一回りサイズに余裕がある。
ただ、そこそこの軽さとその圧倒的な安さのパンダは買っといてもいいかも。
だけど、せっかくワンポールの良さでもある、余裕の室内の天高が、高さ150cmだとどうかなあ。
        
 
というわけで、いろいろ刺激が欲しくて、横浜に電車で行ってきました。
グランベリーモールが工事中で、モンベルの超大型店にいけないのが残念です。

そんなグランベリーモールは、町田市が東急と官民共同で進める「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」として「グランベリーパーク」という名称で2019年秋にOPENするらしい。

                
          
    
<次回予告:オペラ歌手・声楽家の美人さんを鑑賞>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
ad2
ad2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad2