2018暑気払い登戸オフからの直江津談義

みんな大好き!直江津集合!

殺人的な暑さが続く日本列島において、どさくさに紛れてこんなこと書いちゃっていいのか?っていう衝撃的な告白が元ネタなんだけれど、本当に書いていいのか???と自問自答しながらも、いまやもうblogを続けているメンバーがほぼいない中、自分が記録に残さないで誰がするの?という、使命感に燃えた、かつ迷惑な責任感から、登戸でのDBK暑気払いの飲み会を振り返ります。
                    
会場は小田急線登戸駅すぐ近く、「天福楼」。
場所はこちら。

                       
                

まさかのお昼前、11:00にスタート。
まさかの昼呑み!
会場は小田急線・登戸駅前の再開発の影響で、既に閉店済みと思われながらも、ギリギリ生き残っていた中華のお店。
身体が弱っている自分は、朝からの通院と薬の入手を済ませ、地獄のような炎天下のもと、登戸駅へ急ぎます、楽チン小田急で。
                     
駅近くで、捨て犬のようにハフハフしているa-rouさんをみつけ、一緒にお店へ。
              
そして席に着くなりすぐ料理が到着。
まずは海老マヨ、だったかな?
IMG_20180721_113050
                                
                         
そして、ん?肉野菜炒め的な?
IMG_20180721_113130
                       
                      
いや、焼きそばだった。
IMG_20180721_113159
                           
 
この日のメンバーは、林檎さん・MASAさん・でんちゃん・須黒くん・マトケンさん・セバスちゃん・a-rouさん・かんなさん、そして自分という9名(順不動)。
                           
そういえば、通院した直後に小腹が空いて、モーニングセットをいただいていたんだった、あぁカロリー・・・。
ソーセージマフィンは安定の美味しさ。
IMG_20180721_100700
                              
                                 
料理はどんどん運ばれてきます。
鶏肉とカシューナッツの炒め物。
IMG_20180721_120924
                                
         
あのグロな外見から、やっぱり今回も手が出せなかったピータン。
IMG_20180721_120650
                            
                         
 
このへんで、ビールからホッピー黒に。
今日の料理は前回にくらべ、油っぽさが強めだったので、口の中をさっぱりさせたかったから。
ボトルがいつの間にかリターナル瓶へと変わっていた。
IMG_20180721_115456
                        
         
チンジャオロースーは欠かせない。
IMG_20180721_121139
                        
            

議題:直江津集合の今後について

宴もたけなわw
だいぶアルコールと、中華の油が身体にまわってきたところで、話題といえば今年の直江津集合について。
マトケンさんからなにか緩く誘われたような気がするけど、上田に一泊するとかなんとかって話だったような・・・よく覚えていないwww
行かないつもりはなくって、いまだ予定が立てられないという・・・。
             
そんなまったり感のなか、なにやら衝撃的な発表が。
           
その前に、「直江津集合」のそもそもの発端はこの記事かな?

                               
直江津集合の発起人であり、イベントオーナーであるmasaさんから、
「今年2018の直江津集合が最後だね」発言!
まさかの終焉発表が・・・。
理由はというと、「もう漕げない」ということらしい。
過去の華々しいその戦績から考えると、今の自身の体力がとっても残念に思えてしまうからとのこと。
                                        
IMG_20180721_113243
                                   
                  
う~ん、毎年8月の最終週はスケジュール的にいまいちタイミングがあわず、これまで参加できずにいたんだけど、いつか、いつかは参加したい!と考えていた。
11回を終え、今年は12回目。
子どもの頃は、夏休みが永遠に続くかのような、そんな錯覚をおぼえながら過ごした暑い日も、大人になるといつか終わりがくることを実感せざるをえない、そんなさびしさ。
                           
                             
ニンニクの芽、やっぱりごちそうだなあ。
IMG_20180721_123609
                                  
                              
イベントオーナーであるmasaさんからの終焉宣言に、時代と年齢とさびしさを感じて、正直かなり力が抜けちゃったんだけど、今年も既に高崎までの刻みオフも開催済み。エントリーする猛者も次々とあつまっていることもあり、第12回目も大いに盛り上がることでしょう!
しそして「直江津集合」自体は、形を変えたとしてもこれからも続いていくことでしょうし、自分も参加することをあきらめたわけじゃないから。
                        
※ただ、かつて、blogはもうやめた!といいつつ、間もなく復活したりしていた実績もあるので、完全なる終焉宣言でないことはバッファに入れておきましょう!
                                 
                     
そんなこんなで、中華とお酒でお腹いっぱいになり、そろそろ天福楼での宴会はおしまい。
飲み物は各自キャッシュオンデリにしていて別会計。料理のみの割り勘で、まさかの一人¥1,400!!
今回は油っぽさが強くて少し難儀したけど、体調が万全ならむしろウエルカムくらいなヘビーさで、この価格に驚かされる!
                                      
                                        

登戸ぶらり散歩

お腹いっぱいになったところで、次のお店に向けて登戸ぶらり散歩。
ただ、おそらくこの時点で気温は40度近いはず。
じりじりと照りつける容赦ない陽射しにギブアップ気味・・・。
                        
10~15分くらい歩いたのかな。
もうろうとしておかげで、1時間くらい歩いたかのような。

   
たどりついたのは「ムーンライト」という手造りビール醸造所が運営するビールパブ。
IMG_20180721_145508

IPA系のビールはそんなに得意じゃないんだけど、このお店ではいろんなタイプのクラフトビールを提供していたので、まずは安心。ペールエールだけではなく、ピルスナーもラガーもスタウトも。
まずはペールエール「多摩の泉」500mlを中心にいただきます。
まさかの¥300!!!
安い!
IMG_20180721_140522

                  
飲み比べて味わいを楽しむっていうのもいいですし。
IMG_20180721_133257
                                   
               
店内はパブというよりおしゃれカフェなイメージ。
IMG_20180721_140324
                                          
                               
二時間ほど滞在して終宴。
集合写真は大事だよねー。
IMG_20180721_145551
               
    
駅のほうへ向かって歩いていくと、向ヶ丘遊園の商店街の夏祭りをやっていた。
屋台がたくさん出ていたけど、プロのテキ屋さんではなく、商店街みずからが運営しているみたい。
なので、焼きソバとかイカ焼きとか、屋台によって価格が違うという、ちょっと珍しいかも。
IMG_20180721_150826
              
                    
そしてこの時点で15時過ぎくらい。
昼呑みのおしまいにはふさわしい時間かも。
                                   
この後、シメのラーメンに行ってしまうことだけは避けなければと思い、そそくさと電車で帰宅しました。
                    

 
久しぶりに久しぶりのメンバーとの昼呑み。
やっぱりこの時期は直江津集合の話題で盛り上がりますね!
楽しかった!
※まだ行ったことないけど・・・
                                 

久しぶりの中華料理。家でも中華鍋を振り回したくなってきた。
鉄板をハンマーでたたいて作る、日本で唯一の打ち出し製法、中華鍋。
その山田工業所は横浜市金沢区だったとは知らなかった。
                     
山田工業所 鉄 打出片手中華鍋(板厚1.2mm) 30cm

<次回予告:46連休がもうすぐ終わる、夏の廃人・・・>
               
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
ad2
ad2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad2