妄想:伊勢湾フェリーから伊勢うどん

自転車旅、妄想してみた

GO WESTだったり、伊豆半島一周だったり、直江津集合だったり、楽しそうな自転車旅はいろいろありますが、自分がやってみたいのは「伊勢湾フェリーからの伊勢うどん」。
いろいろ体調がダメなのと、自転車がぶっ壊れたままなので、妄想だけしてみました。
(いったい、いつ行けるようになるんだろうか!)

町田~伊良湖伊勢湾フェリー乗り場

Google Map調べで町田から伊良湖伊勢湾フェリー乗り場までは約300km。
自転車だとその2割増しくらいか。
で、20~24時間見とけば行けそうかも。
ということは、朝に出発すれば翌朝の伊勢湾フェリーの始発に間に合いそう。
            
そうすると、鳥羽には9時着。
伊勢神宮方面に移動して、伊勢うどんをいただいても、午前中には用が足りますね。
      

伊良湖~鳥羽をつなぐ55分の船旅。
自転車を輪行袋にいれたら、運賃は¥1,550(片道)。そのままだと¥2,570。
時刻表は連休中にいくとしたらCダイヤで、伊良湖からだと、始発は7:50、終発は17:40.
やっぱり始発に間に合うようにたどり着くのが余裕あるかも。
                          

HARUNAさん(@harumou)が投稿した写真


                        
               
                        
鳥羽についたら、伊勢神宮までは10kmくらいでしょうか。
天照大神を祀っているので、ある意味かなりのルーツ的な。
            
そしてこの人が歌の奉納を行っていた。
2015_05_06
アメブロに劣らずいろいろ落とし穴の多いLINEブログだけど、倉木麻衣の存在を認識してからblogは見続けている。
(ここんとこ、内容うすいけど・・・)

             

伊勢に行きたいのは、伊勢神宮が目的というより、伊勢うどんを現地で食べてみたい、から

なんでしょうね、いったい。
このうどんは。
                        

k.shoさん(@kabenshon)が投稿した写真

ものすごい太麺。
うちの近所のスーパーは、コンビニエンスさと価格で勝負なので、品揃えが結構ショボショボ。
SKUの数もかなり少なめなので、伊勢うどんなんか売ってるわけがない。
まあしょうがない、自作しよう!
・・・と思ったけど、、、
       
レシピがまったく見つからない。
レシピが見つからない理由は、どうやら家で再現するほどの美○しさではないようで・・・。

wikiを見てもなんだかいまひとつ。

wikipedia/伊勢うどん

極太麺であるために、麺を茹でる時間が非常に長く、通常のうどんが15分程度であるのに対して1時間弱ほど茹でる。コシがないと評されることも多いが、打ち立ての麺にはグルテンによるコシがあり、それを柔らかく茹であげているのであって、コシのない麺だと1時間近くも茹でると溶けてしまう[2]。店や料理人ごとに手法は異なる場合もあるが、それぞれが伊勢うどんの特徴である表面はふんわりとしていて、中はもちっとした麺の食感を出すべく工夫している。
伊勢うどんは、ゆで続けているため、すぐに提供できること、また、汁がないため、すぐに食べ終わることができる。お伊勢参りで混み合う客を次々さばくのにも適したメニューともなっている。

太麺ゆえに、一時間茹でることが必要らしいが、市販のものだと、3~4分ほど茹でたら食べられるらしい。
伊勢うどん8食 (つゆ付)
伊勢うどん8食 (つゆ付)
           
まあ、これで雰囲気をつかんどくのもアリかもしれない。

        

             
【全国おみやげギフト★三重】伊勢うどん【5箱】(54300031)
            
ん?
や、そこからどうやって帰ればいいんだろう???
                      
名古屋から小田原まで、
新幹線を使うと1時間10分、¥8,400
新幹線を使わないと、約5時間、¥5,000
※在来線を使う意味はないですね。
小田原からは小田急の急行で帰ればいいし。
                 
                      
              
赤福とセットにするとか、伊勢うどんだけではない何か目的地を考えとかないと、いけないような気がしてきた。


  

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1