ブルベの翌日は大山登山。

                                                                 

丹沢山系の大山。
「登山」、とあらためて言ってしまうと、恥ずかしいイメージが。
                                   
が、そんな甘いものじゃなかった。
                       
Untitled
                    
小田急線秦野駅前のバス停にて。
メンバーは、おやじ7名。

                         
                                     
                                                                                               
                                                                                             

                 
                       
              
            
目指すは蓑毛。
ヤビツまでいってしまうと行き過ぎ。つか、ヤビツ行きのバスは、メジャーな塔ノ岳を目指す方が多いため大混雑。

                 
蓑毛バス停まで約15分くらい。
そこから、蓑毛ルートで大山神社下社を目指します。
              
土曜のBRM728新雛鶴に引き続き、暑いアツイ!
スタートからいきなり滝のような汗アセあせ。
                   
整備されたルートを牛歩で下社を目指します。
大汗かきながら。 
                
 
                              
              
Untitled                              
まあ、身体が勾配と登山というスポーツ、そして暑さに慣れたころに到着。
                       
                 
阿夫利神社の下社境内にてお参り。
                            
                                           
                                                                                                                         
.                                                                                       
                                                                                                                                                                              

                                  
んが、そこにたどり着く間に、左側にチラッと見えた、終わりのない石段を登ることになるとは・・・。
                             
Untitled
                                            
逃げ場の無い石段。
勾配40%くらいかな。
松姫なんか子供騙しwww
                    
                      
                     
石段を過ぎると、今度はそこそこの勾配のある岩だらけの道。
これが歩きにくい。
そして、太ももとふくらはぎへのプレッシャー高し。
                
                                                             
                                              
                      
                                                         .             
                                               
                                                    
                                                                                      
.      
                 
写真撮る余裕もほとんどナシ。
iPhoneで撮った、野生(らしい)鹿。
                         
Untitled               

                               
                                   
そして富士見台(見えないけど)からの富士山。
                          
Untitled
                                
                                 
あまり普段から運動されていない(らしい)方もいらしたので、ゆっくりゆっくり、そして休憩もたっぷりで登って行きます。
とはいえ、自分にも余裕があるわけでもなく、ハァハァ状態、そして水分過補給気味。
                           
                   
                                    
ま、でも松姫峠を越えるよりはラクだったり。
                 
                      
                        
                                                    
                                                                          
                                                                                                                                                                                                      
                                                    
                                                                               
                        
そして、奥の院、頂上へ。
Untitled
                                  
                                                                   
頂上の売店では、シーフードヌードル¥350、スーパードライ350ml¥500、をいただきます。
Untitled
                         
                               
                                              
                                                  
                                                                    
                                    
                                                                                                 
                                                              

ぼーーーーーーーーーーーーっとして、今度は下山。
                       
                 
いや、下山はキツかった!
腰にダメージを与えないように、膝で全てを吸収するような下り道。
脳内としては、駆け降りたい!けど、身体がダメ。
                                 
脚がカックンカックンになりながら、ケーブルカー駅へ。
(つか、登りもコレ使うべきだ!)
Untitled
                       
                                                    
                                              
                                                               
                                              
まあ、ゆっくり時間をかけた行程でした。
大山は、距離は短いけど、結構な上り道、そして岩だらけの歩きにくい通路。
整備はされているけど、修験道な山道なわけで。
                    
                 
                                                   
                                                                  
                     
そしてブルベと圧倒的に異なるのは、道中に自販機やコンビニが無いこと。
すべて、リュックの中で完結しないといけません。
自転車より、事前準備が重要!

                              
                         
                                                        
                                        

ケーブルカーで伊勢原の「大山ケーブル駅」まで降りて、そこから結構な距離のお土産物屋街を通過して、伊勢原駅行きバス停へ。
                                                                      
大山とうふは、ちょっと時間も費用もなかったので次回へ。
                  
                            
                           
                                                          
.                    
                            
                                          
                                                                                                                                                  
.                                       
                                                               
                                                                                         
                         
んで、頂上のビールに加え、相模大野で打ち上げ。
Untitled
                 
飲み放題1.5hで¥1,200って、デフレ怖い・・・。
                 
 
                                                      
.                                       
                                                               
                                                                    
                                  
                                                                                                                                                                                                          

                      
                                
                                                                                          
オヤジ7人、面倒くさいから目線いれたりしないけど。
(カメラマン除く)
Untitled
              
                                               
                                         
次は金時山、だそうです。
              
                 
                                                                  

                        
.                     
                                                                                           
                                                                                     .                                                    
                           

スポンサーリンク
ad1

コメント

  1. […] 蓑毛ルートは去年、DNSした新雛鶴のブルベの翌日に登ったコース。 「ブルベの翌日は大山登山。」 真夏の陽射しはつらかった想い出www […]