クロールとインデックスとサーチコンソール

「オンラインメディアのための Google 検索入門&コンテンツ制作のベストプラクティス」

なんていうイベントに参加してきた。
参加は抽選、どうやら倍率10倍という狭き門だった様子。
うん、行けて良かった!

                                    
                 
対象は初級者ということで、あらためて一から頭の中を整理するいいきっかけに、
そしてゲストスピーカーに『北欧、暮らしの道具店』の青木さんがいらしたことで、壮絶な兄弟喧嘩の話にも期待しつつ。
IMG_20170324_212439~2
                                 
                    
                
                
そして久しぶりの六本木訪問。
ましてやヒルズに行くのなんか一体何年ぶりか。
ヒルズクラブでおじいちゃんターゲットのごはんに物足りなさを感じたり、ZARAのバーゲンでしこたま買い込んだり、エストネーションの在庫回転率を心配したり、
なんていうのが自分の記憶。

ヨッピーさんの、実にビジネスライクなスタンスや、ノオトの宮脇さんのいかにもな編集長ぶりに感心しつつ、クラシコムの青木さんの広告ROIとコンテンツ作成の社内人件費まわりのお話がやはり生で聞けてよかった。
                   
                            


そしてこのイベントの参加者。
7:3で女性が多かった。
アパレル業界が長いせいか、ついつい女性のスタイリングや髪、そしてメイクのかんじに注目しちゃうんだけど、バブルを少なからず経験しデザイナーズブランド、インポートブランド、ライセンスビジネス、そしてドメスティックSPAを経てきた自分の周りにはこれまでまったく現れたことがない女性たち。
ギーク女子、ってこと??
                   
なんだろう?
どこのお洋服を着ているんだろうか。
見たかんじ、とってもリーズナブルそうなお洋服をお召しになってらっしゃる。
かといってローリーズファームとかニコアンド、ユニクロでもないし。
プロフィール的には企業のSEO担当者とか、コンテンツ編集あたりのお仕事をされてらっしゃるらしいんだけど。
                            


桜が咲いているの?
いや、ただのライトアップだった・・・。
IMG_20170324_220359~2
                    
                
イベントとしては、基本の基本をあらためて脳内にインプットさせていただけた、なにか初心に戻れて正しい方向に向かえそうな、自分にはとっても有意義な時間だった。
※18:00~22:00は長かった、けど内容的にはとても短かった。
Googleシニアサーチエヴァンジェリスト、金谷さん、お話が聞けてよかった、本当に良かった。
                      
 

桃源社ビルが幅を利かせていない六本木、「天鳳」は健在か?

sognoAなんかもちろん無いし、トゥーリアなんかとんでもない。大八は建物自体が崩壊寸前。
ミッドタウンにはなんにも思い入れはないし、それどころか、映画の試写室のすばらしさくらいしか知らない。
外苑東通りの東側を歩く習慣は自分にはない。
              
                  
もしかして、
もう閉店しているかもとビクビクしつつ、ドラム缶を目指して乃木坂方面へ。
おっパブのキャッチがいない六本木なんて・・・。と思いつつ。
                     
                                                   

あった!
IMG_20170324_223758~2
良かった!
                        
                       
     
  
包丁人味平のらーめん勝負のモデルになった、といっても今や知る人はいない。
西山製麺所は、東京ではここから始まったんじゃないかな。
IMG_20170324_223732~2
                         
                
一三五をオーダー。
本当は「普通」が好きなんだけど、なかなか六本木に訪れる機会もないので、記憶に焼き付けようと、あえての一三五。
IMG_20170324_223110~2
                              
                     
さんざん飲みまくり、食べまくったあとに頂く天鳳は、「別腹」という概念の元祖なんじゃなかろうか。
この、キリッ!としたしょっぱさ、麺の固さ、今となっては???な脂っぽさは、まさにデザートとして最高!
                     
ピントが逆・・・。
IMG_20170324_223127~2
                   
 
ただ、往年の天鳳の繁盛振り(=2時間待ち・・・店外で一時間、店内で一時間)を今やまったく知らない他のユーザー達。
「バリかたください!」
「醤油らーめんください!」
・・・そんなオーダーが出てきちゃう時代の変遷に、頭がクラクラ・・・。
               
ラーメン戦国時代の今であっても、特徴的な、そしてここでしかいただけない、そしてブレない、秀逸なラーメンなんだけど、Google検索結果にはパッとしたことは見つけられない。
天鳳がユーザーのためになっていないんじゃないか?、もしかして天鳳リスペクトは自分だけなんじゃないか?
と、イベント終わって訪れた、六本木、いや東京の名店「天鳳」の情報があまりに少ない、
というか、まさに過少評価。
だれにも知られていないんじゃないか。
歴史も、そしてその誇るべきSTORYも、もちろん完成度も。
                       
    

課題が見つかった!

                     
「オンラインメディアのための Google 検索入門&コンテンツ制作のベストプラクティス」を終えた自分。
自分の仕事は置いておいたとして、課題は二つ。
                                  
1.WEBまわり、というかコンテンツ作成/編集のオンナノコ達を、なんとかほんのちょっとだけおしゃれに、かわいくさせるお洋服の啓蒙ができないものか。
楽チン優先だけのお洋服選びから、もう少しスタイリッシュにしてあげたい
あ、もしかして、しまむらで買ってるのかな?
しまむらはファッションモンスターにならないと、コーディネート力が必要になるから、ビジネスOLさんにはコンビニエンスではないかも。
 
                      
    
2.天鳳、なんとかしないと潰れる。やばい。客数少ない。たぶんこのままではリピートしない。
時代のアーカイブだけでもなにか編集して公開できないものか?
完成度高く粛々と作り続けているせいか、その歴史があるだけに話題にはなりにくい、という問題なのかも。
        
 

                             
包丁人味平 〈20巻〉 ラーメン勝負1
包丁人味平 〈20巻〉 ラーメン勝負1

                   
         
              


あらためて、クロールとインデックスはしっかり理解し、
そしてサーチコンソールはあらためて活用をしてみよう!
                   
あたりまえのことなんだけど、気付かせてもらってよかった。
 
     
 

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1