So-netのLTEスマホセット買いましたw

So-net モバイル LTE スマホセット2480を購入しました

買ったのは、スマホ本体+SIMで、月々¥2,480。
スマホ本体+データ通信3GB/月+音声通話付き
購入するのに最もめんどくさくないヤツ。
              
キャリアの二年縛りが解けるのが、年末のこのシーズン。
街では早くもiPhone6Sが激安価格になっている。
DSC_2765
この看板の内容は微妙で、契約すると40万円を現金でくれるというものではない。
条件を大雑把にいうと、2台MNP、家のインターネット回線を変更、下取り割引(2台)。
そして「40万円のキャッシュバック」ではなく、2年間の利用で総額40万円分、プロパー価格(?)より安くなるというもの。
月々の支払い金額が¥3,000未満(1台あたり)とかなり価格は安くなる、というメリットがあります。
(もしもしし放題、データ通信7GBまで)
都心ではあまり見かけないキャンペーンだけど、郊外に行くとよく目にします。
    

P8Liteのスペック

スマホ本体+データ通信3GB/月+音声通話付き、のスマホ本体のスペック。
Huawei P8Lite
                       
対応OS Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1
CPU Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
メモリ RAM:2GB / ROM:16GB
バッテリ 2,200mAh
連続待受時間 LTE-FDD:約450h / WCDMA:約500h / GSM:約600h
連続通話時間 WCDMA:約13h / GSM:約20h
ディスプレイ 約 5.0inch HD( 720 x 1280ドット)IPS (GFFフルラミネーション)
カメラ メインカメラ:1300万画素(開口部 F2.0/AF/BSI)
インカメラ:500万画素(開口部 F2.4/FF/BSI)
通信速度(受信時/送信時) 下り(受信時)最大150Mbps(LTE) ※2上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
通信方式 【 SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE : B40
UMTS : B1/B5/B6/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900 
【 SIM1 (or SIM2) 】
GSM : 850/900/1800/1900
※SIM1 / SIM2両方同時にLTE/3G対応はできません。
 
Wi-Fi:802.11 b/g/n 準拠
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
Bluetooth通信:V4.0+LE
その他 SIM / SD スロット:[Micro SIM スロット] + [Nano SIM / Micro SD 共用 (排他) スロット]
SDカード:Micro SD(最大32GB)
測位方式:GPS/AGPS/Glonass
センサー:加速度、近接、環境光、電子コンパス
本体付属品 ACアダプタ / USBケーブル / イヤホンマイク / クイックスタートガイド / 本体保証書 / ACアダプタ保証書 / SIMカードピン


なかなかの今どきのスペック

40万円安くなるキャリアのiPhone6Sも魅力的だったけど、ただ、そうした細かい条件設定の契約がめんどくさくて、So-net モバイル LTE スマホセット2480を買っちゃいました。



スマホ本体+格安SIMで、月々¥2,480、というもの。
スマホは今だとHuaweiのP8Lite。
   
エンボス加工のケースが高級感ある、かも。
DSC_2790

DOCOMOのMVNO。
人生、初ドコモ。
DSC_2792
                  
              
     
そしてiPhone5Sとのサイズ比較を。
5.0inch HD( 720 x 1280ドット)は、実用サイズ。片手でギリギリ操作できるサイズかも。
           
DSC_2783
              
SIMスロットは2つ、と。
DSC_2787
            
HUAWEI、ファーウェィって読むんだぜwww
DSC_2786
                    
              
使い勝手としては、まあ新品ということもあり、とってもサクサク。



             
まあ、素のAndroidを手に入れた、というUQmobile以来のほんのちょっとした喜びはあります。

そして、Androidの致命的な欠点、Facebookで流れてきた投稿なのですが、なるほどなーっと思った投稿です。長いです。

数日前に個人携帯をiPhone 6 PlusからGalaxy S6 Edgeに切り替えた。スマホ経歴としてはiPhone 3GS→iPhone 4→Galaxy S3→Xperia Z1→iPhone 6 Plus→Galaxy S6 Edgeとなる。正直ちょっと機種変のペースとしては早過ぎるのですが、iPhone版のRuntastic RoadBikeで自転車のケイデンスをちゃんと取れないバグが治らずに困っていたのと、Apple Watchには期待してたけど高過ぎる割にグッとこなかったのと、会社のiPhone 5がiPhone 6に交換されて、似たような端末を2台持ってるのもがジェットオタクとして失格だろうということで。
もともとSONYファンだしXperia Z4を狙っていたところ、正式に発表されて画面解像度がWQHDに上がっておらず、デザインもそのまんまで、キャップレス防水は魅力的だけど攻めが感じられないなぁ、と。その点、Galaxy S6 EdgeはOLEDの特徴を活かして見た目から変だし、これまでのGalaxyで気に入らなかったプラ筐体がガラス+金属に変わって、全部入りの割にはコンパクトにまとめてきたし、他の夏モデルがSnapdragon 810 (TSMC 20nm) に対してExynos 7420 (14nm FinFET)という分析記事も出て、MPUのプロセス技術で世代が違うとなれば勝負にならんだろうと久々にGalaxyを手にした。AndroidもLolipopでマトモになっただろうとNexus 6ユーザーからは聞いていたし。
いや大失敗だったね。MDMとかセキュリティー対策だけで山ほど選択肢があって、どれも中途半端に誘導してて、意味なくあちらこちらに位置情報から何からダダ漏れの仕様になってる。結局のところキャリアもメーカーもグーグルが羨ましい、そしてグーグルはアップルが羨ましい的な感じで、それぞれ似たような機能を入れてくるから、ソフトウェアの整合性が全くない。例えば「iPhoneを探す」相当の機能にしても、Googleの提供する方法、Samsungが提供する方法、auがライセンスを受けているlookoutを使う方法、それぞれチグハグかつIDが全て違う。分かりにくすぎてあり得ない。そして何を血迷ったかLookoutのプレミアム版を契約したところ、月額250円だから試すことにしたのに、メールでの請求書は$250-となってる。ありゃ心臓に悪いね。ベンダーにしてみれば単なるローカライズのミスなんだろうけど論外。セキュリティーソフトにしても、GoogleがAndroidに組み込んでいるものと、Lookoutとauスマートパスについてくるトレンドマイクロとで何がどう違うか分からない。最初は足りないものを補ったつもりが、途中からAndroid本体が機能を充実させても提供契約は残っているし、メーカーもそう簡単に譲らないのだろう。
rootを奪ってカスタムファームウェアを突っ込んで不安定にさせるのも本意ではないし、要らなさそうなソフトを片っ端から無効にしていくと、それなりに使えるようにはなった。でも、プレインストールアプリを無効にする度に、ちゃんと動かなくなるかもよと脅されて気持ち悪いったらありゃしない。しかも、アンインストールできないキャリア純正アプリが、いろんな会社にデータを渡すオプトインを要求してくるところも気に入らない訳だ。
何度か端末リセットを繰り返しては設定し直す中で、これは割と深刻な同意取得に関する問題を孕んでいるなぁと感じた。まず、端末をリセットしない限りSamsungとかキャリアの利用許諾契約に同意する機会がないのである。ビックカメラで機種変更手続きしたのだが、窓口で「15分ほどお待ちください」といわれている間にいろいろな設定がさてていて、勝手に同意も押されている。しかも、いわゆるレ点で月額サービスを契約させられるけれども、それも料金とか解約方法の話だけで、そのサービスを使うとどこにどんなデータが提供されるのか、約款同意のプロセスはない。
全てちゃんとオプトインにしろ、そうじゃない限りは同意の有効性に疑義がある、というのが教科書通りの反応だとしても、それが正しいとも思っていなくて、Appleと比べてAndroidはステークホルダーが多過ぎて、それに付随する約款も多過ぎて、これじゃ消費者としては意味のある選択なり同意は難しい。しかもアプリを入れる度に、同じ負担が繰り返されるってどういうこと?それどころかプレインされた辞書を立ち上げると、別のパッケージをダウンロードしようとして、出所不明のパッケージをインストールできるようOSを設定変更しないと先に進めないとか、セキュリティー的にも看過できない糞仕様に愕然とさせられた。
閑話休題。いろいろとアプリを足すのであれば、結果としてAndroidであれiPhoneでさえ随分と数多くの約款に目を通さなきゃならないんだろうけど、Androidは使い始めるまでのそれが多過ぎて、しかも勝手に設定されてしまうものだから、これはさすがに同意といってもフィクション過ぎるだろう、とクラクラしてる。
スマホのプライバシー問題は、利用者が自由に選べるアプリ以上に、メーカーとかキャリアとの関係において深刻なのではないか。ぞれぞれビジネス上のゴールは分かるけれども、今のように分業の結果としてのビジネス条件に起因するチグハグさを臆面なくユーザーに押し付けている間は、初心者はAppleを使うべし、グローバル市場を意識する開発者であればAndroidの世界も知っておけよといった感じで、ちょっと一般ユーザーにはお勧めできない。
とはいえ開発者であれば美学や新バージョンのAndroidに対する知的好奇心としてNexusが欲しくても、国内Androidユーザーの過半を占めるGoogle、キャリア、メーカー三つ巴の利用者パーソナルデータ獲得合戦で混乱しているUXの実態を知っておいて損はないだろうし、あの混沌がどうにかならない限り、Androidベースでガラスマを作ってもうまくいかない気がするんだけど、カタチだけでなくソフトもガラケー並みにシンプルにできているのか心配になってます。そして、これは結局のところ技術というよりはガバナンスの問題で、誰かトップダウンで「もっとお客様のことを考えろ」といえなかったのは何故か、身につまされた。
で、何よりも残念なのは電池が早くなくなる割に、Galaxyの高性能を実感できるアプリがないんだけど、何を入れると面白いんでしょうか?なんかこうMPUとかメモリサイズをみてスマホを買うとか致命的に間違っている気がしていて、でも、ハードウェアリソースの貧しい時代からのトラウマで、そういう癖ってなかなか抜けないんだよね。馬鹿馬鹿しいと思いつつ。




          
あ、通信スペックを最後に。
通信エリア:docomo LTE
月間データ容量:3GB
通信速度:150Mbps
音声通話:国内通話 20秒/30円
                 
freetelとか楽天モバイルとか、価格だけみたらもっと安いスマホセットはあるにはあるけど、本体の安定スペックと3GBのデータ通信量、そしてそれほど利権に毒されていない契約プランで考えると、実機を触れてそのまま持ち帰ることのできるUQmobileか、またはこのSo-netの¥2,480プランモデルのどちらかが今どきの選択肢なんじゃないかと思いますけどw



スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1