NEXUS6P、レポート

NEXUS6P、Softbank版購入しました!

格安スマホをこれまで2台購入しました。
話題の格安スマホ!So-net モバイル LTE スマホセット2480
と、UQ mobile データ高速+音声通話プラン
So-netは端末(Huawei P8Lite)込みで月々¥2,480。(データ容量3GB・au回線)
UQ mobileも端末(KYOCERA KC-01)込みで月々¥2,920。(データ容量2GB、そして防水・docomo回線)
2台はまだまだ稼働中。(家族用ですw)
それでもキャリア版、しかもSoftbankを選ぶのには少し悩みました。
DSC_2924
               
結果的にはとてもいい買い物となりました。
理由のひとつは、So-net モバイル LTE スマホセット2480
を買ったときのここにも記載↓

         

Xperia ZX1からの乗り換え

これまでのメイン機種はXperia ZX1。
auで2年縛り。単なるスマホどころではなく、PC+デジカメといってよい優秀な機種でした。
ただし、それに比べてもSo-netとUQ mobile、どちらも思いのほかサクサク動くんです。
キャリアからの縛りがゆるいおかげで、プレインストールされた、よくわからないアプリはほとんど無いし、しかもプレインストールアプリを無効にする度に、ちゃんと動かなくなるかもよと脅されることもない。
Xperia ZX-1も最後にはプレインストールアプリがメモリーに多大な影響を与えるせいでハングアップすることが常態化していました。
DSC_2925
                        
                   
 

NEXUS6Pにプレインストールされたキャリア指定のアプリは2個だけ

おかげで、ものすっごくサクサク動きます。
イメージとしては、PCで例えるなら
・Chromeで20サイト開きつつ、
・Firefoxで動作確認しつつ、
・OUTLOOKは開きっぱなし、
・さらにエクセルで10万行のデータをいじっていた、というのがこれまでのXperia。
             
NEXUS6PはそんなPCを再起動したてのような軽さ。
この例え、わかるかな。
Androidの最新OSである、6.0 Marshmallowのおかげ、なんかではなく、裏側で知らん間に勝手に動く変なアプリが無いからだと思う。
これ、キャリアの最新iPhoneで40万円キャッシュバックやっていようが、この快適さは譲れないかも。
あ、そもそも、「実質0円」は2月1日から無くなってしまったしね。
           
※ちなみにNEXUS6P Softbank版は1月30日に購入しました。
DSC_2927
               
                   
                  

NEXUS 6Pの価格と月々費用

本体価格、¥74,800です、Googleストアで買うと。
自分は、おとくケータイネットで購入しました。
ここはまさかの「一括0円」というのがウリ。
「実質0円」は、本体価格を月々の費用に加算したもの。
話題の格安スマホ!So-net モバイル LTE スマホセット2480
UQ mobile データ高速+音声通話プランもどちらも同じ。
               
「一括0円」は本体の購入費用を月々分割なのではなくて、本当に0円。(仕組みは知らんw)
なので、【月々の通信プランにかかる費用+本体割賦代金】とはならず、本当に【月々の通信プランにかかる費用】のみとなります。
                    
ちなみに自分の場合、
・MNP(auから)
・下取り割
の二つの条件だけで、初期無料、月々¥4,200、キャッシュバック¥40,000となりました。
(カケホーダイプランは一ヶ月だけにするので、翌月からは¥3,000台になります)
ただし、5GBプランです、念のため。
          
※下取りはキャリアショップにて手続きが必要だけど、今まで使っていた機種が必須ということではなく、一世代前のタンスに眠っていた機種でOK、らしい。

DSC_2928
               
                

NEXUS 6Pのいいところ

これまでのポリカ-ボネイト的な材質から、アルマイトの質実剛健なボディになりました。
数値上のスペックは、そういうマニアサイトに任せるとして、自分は体感的な良いところを。
               
1.WiFiの掴みがしぶとい!
家にはWill Uがあったり、他のスマホがXperia含め5台もあるので、BUFFALO エアステーション 11n/g Qrsetup対応 無線LAN親機 WHR-300と、auのCUBEで無線LANが2本飛んでいますが、これまではベランダに出るともうヨワヨワの電波だったのがウソみたい。しっかりtumblrでreblogできます。
            
2.画面サイズ、でかい
5.7インチ、iPhone6S PLUSの5.5インチより少しだけ大きい。まあこれより大きいディスプレイはありますが、電車で映画を見るには充分かも。
               
3.まさにGoogleのスマホ!
Xperiaから意図せずデータ移行され、Google Playでインストールしたアプリはそのまま移行(まあ、当たり前か)
GoogleのUIに慣れてしまうと、とにかく操作に違和感なし。
(※Googleアカウントの乗っ取りが本当に怖いですね。いろいろヤバイです)
               
4.動作が軽い、早い!
これは本当に体感できます。余計なアプリが無いってすばらしい!
                
5.充電、やばい、早い!USB-C神!!!
iPad airも持っているんですが、充電は当然ライトニングケーブルを使いますけど、iPadの電源を切ってから充電するとそこそこ早いですよね。
NEXUS 6Pはそんなレベルではないのですよ。
残量20%の状態で、USB-Cケーブルで、しかも電源入れたままで、80%になるまでに15分くらい。これはかなり便利!

DSC_2929
                 
                         

USB type-C、これだけでもNEXUS買った意味あるよ!

とにかく充電が早いです。
満充電までは当然ながら時間がかかりますが、80~85%くらいまでなら、もう本当にスグ!
バッテリーがらみのストレスが少ないのは、本当にうれしいですね。
DSC_2930
                    
      

NEXUS 6Pのダメなとこ

・Softbankです。小田急線でいうと、登戸~新百合ヶ丘間、電波が最弱です。
・防水ではありません・・・。
・カメラ、SONYのパーツのようですが、XPERIAとは比べ物になりません。ちょっと2世代前くらい。
・外での使用・・・陽が差すところでは、画面みづらいです
   
そんなところですね、いまのところ。
オフィスも家もWiFi環境だし、今まで届かなかった場所(ベランダとか)にいてもWiFiを掴むので、5GBで充分そうです。
             

NEXUS 6P、早く自転車に取り付けたい!

ガーミン先生から卒業できそうな気がしてきました。
やっぱりGoogle Mapでナビして欲しいですし。
      
自転車に取り付けるならコレ!!
SPEX スマホ用 フィットバイクマウント Mobile Fit Bike Mount CS-B
SPEX スマホ用 フィットバイクマウント Mobile Fit Bike Mount CS-B
            
いよいよスマホでナビ、充電のストレスがなくなってきたことで、本格的にやりたくなってきました。

SPEX スマホ用 フィットバイクマウント Mobile Fit Bike Mount CS-B

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1