サーモスのお弁当メニューの食材ベスト3!

サーモスのお弁当、続けています

先週末に野菜をたくさん買ったので、→ 「野菜が安くなっているような気がする」 お弁当のおかずとしても便利でした。
漬物と筑前煮は日持ちするのでなかなか良いですね。
             
DSC_1356
                  
サーモスにはうどん。コンソメスープを入れただけの超ハイスピードで作ります。

サーモスの特徴

5時間後でも53℃以上をキープしてくれるところ。
通勤用バッグの奥底に入れておくので、測ったわけではありませんが、食べる時には70℃以上のようなカンジです。
あったかい、というより、熱い、ですね。
これは他のコンテナより、かなり優秀な保温性です。
         
もちろん、保温用のポーチは必須です!
THERMOS フードコンテナーポーチ ピンク REB-001 P
                     
THERMOS フードコンテナーポーチ ピンク REB-001 P
               
                 
                    

タッパーの主食が貧相でもサーモスのおかげで全体的な満足度がUP

       
DSC_1357
               
カブの葉っぱの漬物、赤カブの酢漬け、そして筑前煮をご飯にのせています。
サーモスには、お豆腐とウインナー。

タッパーの中身はほぼ変わっていないのですが、サーモスの中身を変えるだけで、飽きないようになりますね。
お豆腐だけだと、なんというか味の奥行きが出ないので、ウインナーを突っ込んでおくだけで満足度がかわります。
             
                   
                  
              

サーモスのお弁当メニューの食材ベスト3!

朝はとにかく時間がないし、また前夜にお弁当用の仕込みをするのは時給換算として計算すると、えらく高いお弁当になってしまうので、とにかくスピーディに作れることが前提のような気がしています。
そんな条件で選んだ食材ベスト3です。
             

1位:うどん

うどんは本当に多様しています。
3個入り¥89くらいの最安値のやつで十分です。
こんなやつ
キッチンはさみで短く切ると、スープ感が増しますし、そうすると食べづらくなるので、ダイエットにも良さそうです。
そもそも「温かいスープ」としてサーモスを使いたいので、まさにうどんはピッタリ。
                 
                 

2位:お豆腐

お豆腐は、噛み応えがないのでうどんに1位の座を譲ってしまいますが、一緒に入れる具によってはメインになります。
豚肉との合わせ技が最強です。
前夜にしゃぶしゃぶとかお鍋の料理だと、その具材をそのまま流用できるのが良いですね。
また、たんぱく質も摂れるので、そういう意味ではうどんより上位かもしれません。
                   
                

3位:白菜

白菜は、サーモスの保温効果により、甘みが強く出てくるのでオススメです。
豚肉とのコラボが最強です。
前夜にミルフィーユ鍋とかやっとくとかなり良いですね。
                     
                 

圏外:お米

そもそもサーモスを使うようになったのは、研いだお米と熱湯をサーモスに入れておくとお昼にはお粥になっている、というのがキッカケだったのですが、これがなかなかうまくいかず。芯が残ってしまうことも多々あったので圏外にしました。
また、炊いたご飯を入れて、なにかスープを足すということも何度かやりましたが、お昼にはおじやになります。お昼ごはんにおじやはあんまり食べたくないです。
                            
                  
とにかく手軽に作れて(←ここ大事)、満足度が高いお弁当として、サーモスフードコンテナはホント便利ですわwww
                
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 0.3L クランベリー JBJ-300 CRB
           
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 0.3L クランベリー JBJ-300 CRB

 

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1