新雛鶴対策で熱耐性をあげる

去年の新雛鶴は、松姫峠に至る前にかなり熱波にヤラレた。
腰痛もさることながら、大月に降りてきてからの40℃超えに。
                                           
Untitled
                               
いつのも上依地のローソンで、身体がオレンジジュースを欲した、そんな暑さ。
ついでに水500ml補給。

                        
                             
                                      
                                  

                         
                         
「BRM728新雛鶴・・・記憶がない」
松姫のつらさ、とかは覚えていない。
スタートしてから奥多摩、というか古里のセブンに着くまでに、すでにヤラレていたような気がする。
                
その後も、松姫の登りいよいよスタート地点!がいったいどこなのかわからない程度にダラダラ登り、だったような記憶がうっすらと。
                   
                          
                                    
                                                
                              
が、リベンジを誓ったところ、幸か不幸か、今年も開催されるということなので、これはなんとしても完走したいわけで。
                                                     
降臨したパンク神は、海方面では抜群のパワーを発揮するけど、山方面ではなりを潜めるようなので、オギノパンを折り返しにいつものコース、50kmを。
                          
                       
                       
                                          
                                          
                                        
                         
半原からは調子に乗って津島神社の坂(名前忘れた)を登ってみるなど。
ここ、412を横切ってからが、勾配はそんなにないけどつらいんだよね。
                                      
んで、宮が瀬に行くと見せかけて、7/11愛川半原店に降りる。
Untitled
コクボのロックアイス、美味しいしコンパクトだし安いし。
背中に氷を背負う習慣はないので、すべてボトルへ。
ちょうどピッタリサイズwww
さらに水500ml補給。

                   
                 
                                         
                                                             
オギノパンヘ向かう。
半原日向交差点から、服部牧場の入り口を通過してオギノパンまでって、自分にとっては結構キツイ。
ダンプやらトレーラーやらDQN車やらがビュンビュン通り過ぎるなか、10kmほどで登るのは。
怖いし、遅いし。
                 
                               
                                
                                      
                           
                                    
                                                         
                          
Untitled
なにか、あまりにも暑すぎて、熱中症の恐れあり。
とはいってもパン屋さんなので塩っぽいものはない。
いつもは、揚げアンドーナツだけど、この日はカレードナッツにしてみた。
少しでも塩分が補充されますように。
                         
水500ml補給。
                
                    
                                                    
                                              
                                  
串川橋を右折して、下り基調のアップダウンを楽しみながら、あとは、家まで帰るだけ。
                                   
                                   
が、上溝付近で、身体に力が入らなくなってきた。
                               
いつもは上溝からケルビム付近まで、路側帯もしっかりある快適区間で30kmオーバーが望めるのに、20kmキープがやっと。
というかペダル回したくないカンジ。
                           
ヤバイなーと思いつつも左側にタイミングの良いコンビニがない。
                                   
                                   
                                                         
                                              
                                               
                         
                      
                                   
                                      
Untitled
                                              
7/11相模原淵野辺本町2丁目店でソルティライチ補給。
だがかなり手遅れwww。
                                        
                                     
車道を走るきになれず。
道路からの照り返しと熱と、クルマの排気に耐えられそうになかった。
                     
境川沿いをユルユルと走って帰る。
いやーーー、ありがとう境川!!!
助かった!
                       
2013_08_10
                                        
                                            
オチ、としては、熱耐性を上げるのには失敗。
だけど、なぜかパンク神はどこかに行ってしまった・・・。
                           
                          
んで、この日はGarmin先生調べで、平均気温: 39.2 °C、毎分気温:35.0 °C、最高気温:45.0 °C、というわけのわからない気温だった。
                                   
PACE(ペース) メッシュサイクルキャップ ONE LESS CAR 21-0010
PACE(ペース) メッシュサイクルキャップ ONE LESS CAR 21-0010
これでは、汗を抑えられなかった。
どんどん目の中に落ちてきた。
つらくてはずした。
                                                 
                            
やっぱコレか ↓
Sweat GUTR The Ultimate Sweatband スエットガーター スウエットバンド フロスト
Sweat GUTR The Ultimate Sweatband スエットガーター スウエットバンド フロスト
                                     
物理的な構造として、やっぱ最強かも。
カッコ悪いけどwww
                
              
                           
                             
                                                    
                                                                
                                                  
                                  

                                                              
                                  
帰ってから、冷たーーーいうどんwおなかいっぱいいただきました。
                                                     
Untitled
          
                   
酢飯用の桶、けっこう使える。いろいろと。
                    
                        
                            
                         
                      
.                          
                                                                      
                                       
                                         
         

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1