利き腕の骨折は結構たいへん

右手の骨折は二度目・・・

          
うっかり右手首の骨折をやってしまった。
ちょっと高いところから後ろ向きに落下し、落下時の衝撃は右手首で体重を支えつつ、
腰と頭を強打した。
CTやレントゲンでは手首以外に問題はなさそうだったのが幸い。
IMG_20170710_174006~2
                
怪我した直後は猛烈に右手が痛かったんだけど、徐々に痛みは薄れる。

右手は動かせないことはないんだけど、固定しておかないと治りが遅くなるのはあきらかだったので、
おとなしくギブス生活に。
              
三角巾をつけて普通に電車で通勤していたら、なんと若い女性に席を譲られた!
以前に藤沢に住んでいた時、足を骨折して松葉杖で通勤してたんだけど、利用していた東海道線では一度も席をゆずってもらったことはなかっただけに、これはちょっとびっくり。
恐縮しました。
              
   


さて利き腕である右手首の故障は日常生活に結構な影響が。
           
1.お箸が使えない。
左手でスプーンまたはフォークで食べられるものを探してたら、カゴメのこのシリーズが思いの外美味しかった。
カゴメの「押し麦ごはんで トマトタコライス」

この押し麦ごはんシリーズ、量は少ないんだけど、腹持ちがいいというか。
もしかしてダイエットもできちゃうんじゃね?骨折のおかげでw
        
2.水回りがとにかく不便
顔を洗う、歯磨きをする、身体を洗う、お尻を・・・。
などなど、水回り関連の普段の生活がとにかくめんどくさい。
一番は歯磨き。
左手だとなかなかうまくいかなくて、怪我した当日に電動歯ブラシを購入。
ドルツのやつ。

               
さすが、こういうのPanasonicさまは得意だなー、ホント。
    
        
3.暑い・・・。
三角巾はとにかく暑い。
ギブスは着脱フリーとはいえ、蒸れる蒸れる。
なので、手の甲を固定し易い、簡易なサポーターを購入。     

¥700くらいだったんだけど、これがもう本当に快適!
適度なコンプレッション感と、商品名にもある「汗すっきり、ソフトな肌ざわりのサポーター!」というのがまさに本当で、汗がすっきりして着用しているだけで気持ちがいい。
夜洗っとけば朝には乾いているし。
今回の骨折でもっとも重宝したやつ。
まるで握手会のように、そっと手を握ってもらえた感覚。
                 
IMG_20170817_121858~2
           
                        
      
まだ手首に体重を掛けるのは無理。
なので、自転車はもう少し先かなー。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1