花粉症は今年も克服できなかった

花粉症のせいで2〜3月は地獄の期間

2月から本格シーズンとはいえ、1月にはその前兆があり、体調の不安左からなかなか自転車には乗れない、というか外出したくない。
しかも寒いし。
おっさんになって体質が少しづつ変わっているのを体感しつつも、花粉からは逃れられない。
外に出て一日中自転車に乗るとか、ましてやブルベとか、ちょっとなかなか厳しいシーズン。
だけど少しづつ、症状が和らいでいるような気も。
IMG_20180311_143822
         
 

年々、症状がゆるくなっているような気がするので、今年は思い切って薬を摂らない作戦で行こう!としたけど、やっぱりちょっとそれは良策ではなくて。
              
鼻水やくしゃみに効くジルテックは年々進化をとげ、まさにストレスフリー。
                 
目のかゆみを和らげる目薬なんかこの世に存在しないはずが、いつの間にかパタノールがこの世の定番に。
      

パタノールですら制御できない時は「フルメトロン」を点眼すれば最強。
      
鼻やくしゃみにジルテック、眼にはパタノールとフルメトロン。
これまで、花粉症というものは、昆虫がさなぎから甲虫に変態するかのように、春になると体質が一気に変化する耐えがたいものだったのが
これらの薬のおかげで、普通に日常生活を送れるようになっているという、カゼや癌を治療する薬を開発したらノーベル賞とか、いやいやそれは製薬会社が制御しているとか、っていう説を薄らぼんやりとするもののような、強烈な対処薬として、毎日を楽に過ごせる安価な薬として手に入るんは本当に素晴らしい!
                          
花粉症暦40年。
キリよく40年。
進化した薬のおかげで、今年ほど楽ちんな春はないっす!
        
 
<次回予告:桜と菜の花のコラボを探しに自転車sw走り回る>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1