身体の不調がいっきにやってきた

自転車に乗っていないからか、想定外の病気ざんまい

箱根駅伝を藤沢まで応援に行っていらい、近所に野菜を買いに行く程度でまったく乗れていないなか、久しぶりのオフ会が立ち上がっていた。なにかきっかけがないと走り出せなくなっていたので喜んで参加!
          
その日、1/14(日)。
狛江に9:30集合なので、早め早めの8:00に出発。
30分ほど走っても、まったく身体が暖まらない。
確かに寒い日ではあったけど、なにか調子がおかしいなと感じ、オフ会への参加を断念し、自宅へ戻る。
一旦、お布団にもぐりこむとなにか猛烈な眠気から、目が覚めたらすっかり陽が沈んでいた。
              
DSC_2949

       

猛烈な眠気のせいで、寝返りをまったくしなかったせいかもしれない。
左肩が痛い。
この痛みで目が覚めたような。
ググってみると、どうも五十肩のような症状。
ひとまず暖かいお風呂にゆっくり浸かり、身体を、特に肩を温めた。
                    

風邪?インフルエンザ?

翌日1/15(月)、少し寒気を感じながらも、満員電車にゆられながらなんとか会社に。
内容の伴わない、週明け恒例の長い長い朝礼を終えた頃には、すっかり体調がおかしくなった。
寒気、節々の痛みに加え、ギックリ腰直前のような腰痛、そして前夜からの肩の痛み。
たまらず、午前中で早退して、町田にもどり病院へ。
                  
病院で体温計を借りると、37.4℃。微妙な熱。
インフルエンザを疑うも、明確に熱を感じたのは今朝からなので、この短時間では判定できないらしい。
ひとまず風邪薬を処方してもらいつつ、このまま風邪で寝込んでしまうと、腰痛が半端ないことになるのが予想されたので、ミオナールも追加でリクエスト。
                     
家に帰って、猛烈な眠気からお布団にもぐりこむ。
                  
            

五十肩と腰痛

夜中に何度も目が覚める。
肩が痛くてじっとしていられない。もちろん腰も。
ミオナールを飲んで少しは落ち着く。
くしゃみは全身で柔軟に受け止めるしかない、っていうレベルの痛み。
腰痛はもう長年の付き合いなので仕方ないとしても、五十肩は他人事だと思っていた。

腰の痛みのレベルとしては、洗面所で顔を洗えない、靴下をはけない、というクラス。
五十肩の痛みのレベルは、寝てるだけで痛みあり。そして腕を少しでもひねるとうめき声をあげてしまうクラス。

               
          

インフルエンザB型陽性

ただの風邪か、それともインフルエンザなのかの切り分けが必要と思い、翌朝1/16(火)、再度病院へ。
        
結果はインフルエンザB型陽性。
あ、これで処方薬が明確に変わるから、とちょっと気持ちが楽に。
            
病院の帰りに、なにかビタミンCのような、弱ったときの定番ドリンクを買おうとスーパーに立ち寄ると、C1000とかキレートレモンとかCCレモンなどのビタミンC系ドリンクが全て売り切れ。
しょぼいスーパーではなく、町田駅前にそびえる24時間営業EDLPの西友をもってしてもまさかの在庫なし!
インフルエンザや風邪が猛威をふるっていることが、まさかのスーパーの棚から読み取れるとは・・・。
             
ミオナールを飲んでいるとはいえ、ギリギリ歩けるくらいの腰の痛みのため、コンビニまで確認しにいくことはできなかった。
             
             

歯痛

インフルエンザで処方された「イナビル」の効果を相反してしまうということで、ロキソニンを控えるようにいわれ、弱った身体というキッカケで歯痛が思い出されてきた。というか猛烈に痛い。

そもそも、会社近くの歯医者さんに去年の4月から12月まで通っていた。
診療方針は一切示されず、いつ治療か終わるかと聞くと、あと1回ですね、と言われて実際に行くとさらにあと1回ですね、という状態でずるずると8ヶ月16回も、虫歯一本のために毎回¥3,800も払わされていた。
その歯の治療途中に、今このタイミングで痛みが増してきた別の歯も具合が悪いことが自分ではわかっていたんだけど、その時通っていた歯医者さんに診せるわけにはいかないので、ひたすら治療が終わるのをまっていたのた。
                    
ロキソニンで痛みをごまかすのはインフル中ではNGなので、小まめに歯磨きをしながらリステリンで口の中を何度も何度も洗浄した。

                

仕事もやばい

1/17(水)、そろそろ仕事もヤバイ。
2016年5月、転職の合間の公園でのコーヒー三昧を終えてもぐりこんだ会社は、とっても小さい。

グループとしては大きいのだけれど、日本法人は10数名しかいない。
「一人親方」的な仕事の進め方をせざるを得ない場面が多く、休暇中のフォローまではあまり考えられていない。
やばい、予算が・・・。
        
だけどインフルエンザなので発症から5日、さらに熱が下がってから48時間以上経過しないと出社してはいけないのが大人のルール。
う~む、今月と来月の予算がやばい。
                   
             

熱はほぼない、そのかわりに花粉症スタート

インフルに羅漢するのっておそらく10年ぶりくらいで、イメージとしては高熱にさいなまれるというものだったけど、今回は不思議なほど熱がでない。
パーーーっと熱が出て、薬のおかげで一気にさがり、快方に向かうのかと思いきや、まさかの今シーズンの花粉症がスタート。
鼻水ダラダラ。
そして腰と肩にひびく、くしゃみを連発。
                  
インフル、五十肩、腰痛、歯痛だけでもかなり気持ちが落ち込むところにまさかの花粉症までが!
                  
去年処方されたジルテックを探すも、みつからない。
というか、しっかり探す根気がない。
     
1/18(木)、おなじ病院に花粉症の薬の処方をしてもらいに。
もう、本当にボロボロ。
                   
         

歯医者さんに行く!

1/19(金)、お正月休みと合わせると、今月はほぼ仕事していないけどね。
熱がもう完全に落ち着いているのと、五十肩と腰痛には少しだけ慣れてきたこともあって、今度はジクジクと痛む歯をやっつけるため、近所にできたまだ新しい歯医者さんへ。
初見はこわい。そして歯医者さんポータルサイトのカネで買われた口コミは一切信用できない。
という、今本当に良いと思われる歯医者さんをさがすのがギャンブルな時代。
            
結果として、すごく良い歯医者さんだった!救われた!
            
まず清潔!コレ大事。
説明はしっかり。
今後の方針もばっちり。
ぼったくりなし!
設備はキレイ、新しい。
しっかりコミュニケーションとりながらの施術。
スタッフはみな元気、明るい!
そして、家から徒歩2分。
土日もやってるよ!
              
問題の痛みを引き起こした歯の治療は、その場で解決。
あたりまえなのかもしれないけど、そのあたりまえの治療が本当にうれしいし、信頼もできた。
                    
                

身体は大事。

身体の色んな悪いところが表出したこの一週間。
あとは土日をゆっくりと過ごして、月曜から仕事に復帰するのだ。
                  
もういい年なんだから、体調の不良なんかこれからも何度も起こる可能性もあるわけだし、それを予防する自覚をしっかりもたないといけない年齢にとっくになっていたのね。
これが自営の仕事だったら、ひどいことになっていたかも。
少人数とはいえ、会社に属していたので何とか救われたのかもしれない。
               
今年の後半からブルベに再度参加するつもり。
200kmを3本くらいはやっつけたい。
ブルベって、自分の身体と向き合ういいきっかけだと思うんだよね。                    
       
              
     
 
<次回予告:自家製ラー油が思いのほか美味しい!>

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1