HATAKE AOYAMAでランチ

もう随分時間が経ってしまいましたが、2014年年末に青山のHATAKE AOYAMAでランチをいただきました。
いつもいつも、ラーメンとパスタとサーモスランチばかり食べているわけではありません!
        
image
      

HATAKE AOYAMA

地下ですが、明るいお店です

「場所はどこ?」と聞かれると、表参道のAvedaの横を入ったとこ、という説明をしますが、Avedaが中途半端に日本になじまなかった(ような気がする)せいか、わかってくれるオンナノコはあまりいません。
image
            
そんなちょっと横道に入った通りの、地下にお店があります。
1Fはフラワーアーティスト「ニコライ・バーグマン」の花カフェですね。
この日は小雨。ちょっと残念ですが。        
image
            
階段を降りると、リアル畑があります。茨城の農家さんから土をいただいて畑にしたそうです。
さすがに冬なので、野菜が青々と育っているわけではないです。         
image
               
看板がリースオブジェ的な。          
image
                
テラス席ですが、冬なのでオープンにはしてないです、寒いので。
小雨であるにもかかわらず、そして地下であることを忘れてしまうくらい、明るいです。
image
            

HATAKEのお料理!

まずは、ももと人参のジュース。かなり濃厚です。おいしい。       
image
                    

バーニャカウダをいただきます!

HATAKE AOYAMAの代名詞的なメニューですね。
かごの中にレンズ豆などが敷き詰められ、そこにいろんな野菜が。
まさに、畑から収穫してそのままいただく、というイメージですね。                  
image
          
暖かいバーニャカウダソースが美味しすぎて、ついつい付け過ぎてしまいます。
野菜の濃厚な味わいをしっかり感じたいときは、ソースは少なめにしましょう。       
image
ただ、HATAKEでバーニャカウダをいただいてしまうと、他のお店で頼むバーニャカウダが、ただの居酒屋の野菜スティックになってしまう、というマイナス面があります。
野菜スティックもそれはそれで美味しいのですが、もうレストランでは食べられない身体になりました。
              

次に何かのテリーヌ。
2ヶ月も前のことなので、もうすっかり忘れてしまったのですが、テリーヌの外周を覆っているのは、きゅうりかズッキーニのスライスだったような。
image
             
パスタはツナとかぶ(だったかな)。
優しい味です。細めの1.4mmくらいかな。
image
              
   
そしてメインは、松坂豚のロースト。バルサミコ酢がたっぷり。
バルサミコ酢、そのままだとあまり好きじゃないんですが、奥行きのあるソースに仕上がっていて、とても美味しかった!
image
    
                
デザートは、ティラミスとバニラアイス。イタリアンデザートの代表ですね。
ほどよい甘さでバニラアイスを良く合います。
image
              
ほんとはもっと詳しく、素材や調理の説明があったのですが、もうすっかり忘れてしまいました。
全てのお料理に野菜が主役として存在していました。
普段からこれくらい野菜を食べられるといいのですがw
¥5,000のスペシャルランチでした。
まだ東京で消耗しています。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1