無意識のカメラロールでblog更新!

その画像、何に使うんですか?

会社支給のiPad Air2でYouTubeのnarutoのテレビ版を見ながら、景気良く”家飲み”していた。
自来也先生VSペインのくだりを何度も見ながら。
スマホは二年縛りのXperia Z2。あと半年だな、と思いつつカメラロールを見ると特に何の意図もなく収まっている画像がたくさんある。
暇にまかせてflickrに上げつつ、BLOGを書いてみることにした。
              

Tarzanなど買ってみた。

DSC_1977
マガジンハウス刊の雑誌を買うなんて何年振り??
表紙の「山」特集がなんとなく気になって買ってみた。

マガジンハウスの雑誌なので、相変わらずのカタログ雑誌。
カタログは大好きなので別にいいのです。
タイトルは「山がカラダに効く理由」。
いろいろ期待しつつページをめくるも、記事はトレランのことが9割。
トレランは、自分があと10kgは体重を落とさないとやる気がないので、結局ペラペラーとページをめくって5分で読了。
やしかし、トレランが好きな人には、こんな記事で響いているのだろうか???
唯一まともだったのはファッションページで、「ネイビーのこなし方」。
ネイビー好きな自分はここだけしっかり読んだ。
Tarzanは昔からファッションページがホントにうまい。

             

週末は公園でBEER!

ビール片手に、iPadでYouTube眺めつつ、そしてちっちゃい子供達を見守りつつ、無為な時間を過ごしています。
DSC_1972
さすがの5月。
紫外線ビンビンです。

                 

外苑前、プレヴナンスでいただいた・・・

青山、というか最寄り駅は外苑前or青山一丁目のフレンチレストラン「プレヴナンス」。
ランチの¥7,000コースは、かなりの大満足。

DSC_1965
知人に教えてもらったフレンチレストラン「プレヴナンス」。だけど、最終的に行こう!と思ったのは一休レストランのサイト。

特に、料理ごとのランキングがとても分かりやすくて、かつ、しっかり編集してあって、このサイトは秀逸。
情報量も多いし、食べログにありがちな変な偏見は無いし。
このプレヴナンス、大正解だったかも。

プレデセールだけど主役級!

                      
DSC_1966
ローズのジュレとライチのソルベがすっごく美味しい!!プレデセールだけどメインになるわ
                         
            

そして週末は公園でまったり。

DSC_1974
大きな木の下、日陰は大人気。
BEERが美味しいですw
子どもたちの歓声も心地良いですし。
                    
                  

ネズミ、のオマージュ

         
DSC_1971
セブンイレブン脇の変電機に書かれたスプレーアート。
このMickyもどき、自分のアイコンにしようと、iPadでお絵かき中。
結構、むずかしい。
                      
                

紅茶煮豚、これ最高に美味しい!

DSC_1976
紅茶煮豚、その名の通り、紅茶で豚肉を煮ます。あまりに美味しく仕上がったので備忘録。
               
《紅茶煮豚レシピ》 
材料: 豚肩ロース300g、紅茶ティーバッグ5袋、三温糖、醤油、みりん、ハチミツ、かつお風味の本だし
           
1.豚肉、紅茶でひたひたにして30分~60分煮ます。
 ※豚肉は肩ロースなど、最安(100g=¥97とか)なものでOK、300~500gのかたまり。紅茶はTバッグで5袋くらい。
2.ジップロックにつけ汁と一緒に入れます。空気を抜くのが大事。
 ※つけ汁:醤油、みりん、三温糖、ハチミツ、本だし、まど適当。
3.2日間、そのまま寝かせます。
 ※何回かつくったけど、数時間より1日、1日より2日寝かせたほうが完成度高いです。
4.切って食う。
 ※ウマーーーーーーーー(ハート)
                  
この紅茶煮豚、本気のレストランでお上品にサーブしたら、一人前¥2,800といったとこでしょうか。
豚肉なのでローストビーフではないですが、味はそれ以上かもしれません。
紅茶で煮ることで何故こんない美味しくなるのか、その仕組みは全く分かっていませんがwww

        
安くて、だけど固いお肉は、塩麹でかな~り柔らかくなりますが、紅茶では発酵するわけではないので、柔らかくなるとかではないですね。
それよりも、美味しくなるというカンジ。理由はシリマセンけど。
                                 

            

それより、小指がいうことをききません。

DSC_1881
ラブラブだった、右手の小指と薬指。
まったく近づきません。
小指がなんだか他人のもののようです。
               
ほんと、事故はなんにもいいことないですね。
カラダのダメージをおっても、その治療費のみの補填しかしてくれないし、かといって治療が長引いたら、結果が出るまで医療費の負担はしてくれないし。
それにかかわる時間的ロスや、かさぶたがジュクジュクして治らなくて、血と白血球のよだれがホワイトデニムにあふれ出して、会う人会う人に指摘されるとか。
自分、つっこまれ担当ではないし、仕事で打ち合わせしているので、変な偏見をもったおっさんそして隠れゲイに日々さらされるのは本意ではないですし。
             
      
カメラロール、なんだかいろいろ「想い」はあったようです。
       
自転車、のりたいな。
          

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1