カンパニョーロ「シロッコCX」 入手まで


↑これはシマノWH-R500

ほとんどレビューのない、カンパのホイール、「シロッコCX」について。

夏に、下手クソな輪行パッキングをしたら、その時使用していたR500のスポークが折曲り、
もちろん、自分で修理→振れ取りなど出来るはずもなく、一番安価なショップを検索していたら、
サイクルベースあさひで¥2,000~、らしいので持ち込む。

結論としては、その折れたスポークを一本取り替えただけの作業内容。
「振れ取りはやってくださったんですか」と聞いたところ、
「一応、やっておきました!」との回答。
いや実は、修理中、店内をブラブラしながら横目で眺めていたんですが、
いわゆる「振れ取り」的なコトはやっていないと思うんだけど・・・。

まあ、R500自体が¥10,000もしない安価なものだし、そもそも自転車に最初から付いてたものだし、
ここであまり工賃を掛けるのもどうかと思っていたので良しとしました。

が、ある日、走っていると、妙な音が発生。
カリカリ。
藤沢あたりを走っている時で、OKストアの下りで、「バキッ!」という音とともに、
走行中にスポークが折れました。
失意のまま、たかだフレンドさんに持込み、修理。
¥5,000かかりましたが、今度はしっかり復旧できたようです。
→¥10,000の鉄ゲタホイールに¥7,000・・・。

その後、好調をキープしていたのもつかの間、右折車に巻き込まれ今度は再起不能に。

で、先程のたかだフレンドさんに持込み、次のホイールを何にするか相談。
wiggleやCRC、サイクルベース名無し等で調べて
A-CLASSがコスパ最高!という事前情報を鵜呑みにしていたのですが、
かたくなに否定され、また予算の都合もあり。
てか、内外価格差が2倍という大問題が。

たかだフレンドさんによる強いリコメンドにより、カンパの「シロッコCX」に決定。
CXってまさかシクロクロス?という疑問を持たないほどの自転車パーツ音痴でしたけどね、自分。

→ つづく

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1