キンカンと「乙女の涙」

なぜか新潟の実家から、キンカンと「変な」トマトが送られてきました。
知り合いから大量にいただいたらしく、処理に困って(捨てるわけにもいかず)、送ってきたようでした。
                            

キンカン、のど飴しか思いつかない…。

DSC_1677
                               
皮を剥いて、種をとってからハチミツで煮込むのが定番なんでしょうが、その料理あんまり好きではないし。
                     

せっかくフレッシュな状態であるので、毎日5個ずつそのまま食べることにします。
今年はなかなか時間がとれず、親木橋のみかんセンターにはいけないでいるので、キンカンがみかんがわりということに。
甘さがかなりあって、これはこれで美味しいし。
ただし、種が結構多い。
1つのキンカンに6個は入っている。「ぺっ」ってするのがめんどくさい。
                     
                       
                      
    

「乙女の涙」も食す

              
DSC_1679
   
これ、とまとなんですよね。
いわゆる、フルーツトマト。
大きさは大人の男性のひと指し指くらい。
                        
「築地市場ドットコム」
                  
これによると、糖度が高いのは分かりました。そしてゼリー部分も少ないことも理解。
う~ん、だけど、どうやって食べよう。
せっかくのトマトなので主役にできるような料理にしたいけど、なかなか思いつかない(サラダくらいしか)。

あまり生の野菜をばくばく食べる習慣がないので(=日本人なので)、そのままいただくことにしたw
まー、とにかく甘くて食感も独特で美味しい。
できることなら、自分の家のベランダで育てたい。
                  
そんな印象でした。
※たぶんスィーツとか、アイスクリームなんかと組み合わせると大ヒットするような気がする。
                 

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1