夏休みを取れずにいたら夏が終わっていたこの夏

だらだらと仕事をしているせい

昔、何かの本で読んだのですが、人間の集中力は長くても15分間が限界。
その15分の集中を一日に何回使えるか、っていうのがその人の集中時間。
たとえば、5分のインターバルで8時間働いたとしたら、一日に24回も集中したことになる。
このインターバルが1時間とか2時間とかかかってしまうと、仕事だったらなかなか効率が悪いですよね。
なんていうことを頭の隅に置きながらも、仕事でやるべきタスクはてんこ盛りながらも、なんとなくダラダラと過ごして(インターバル長めで)いたら、いつの間にか夏休みを取りそびれ、気がついたら夏が終わっていました、2016Summew。
            
あまり夏を感じずにだらだらすごした2016Summerを振り返ってみようかな、と。
(直江津には集合できませんでした・・・。)
                      

綿の花が咲きました!

IMG_20160801_091938
テラスで育てる綿。
朝、白い花が咲きます。
花が開くとすぐに黄色に変わっていきます。
そしてその花はお昼過ぎにはピンク色に変わり、
夕方には落ちてしまうという、なんとはかない花。
                      

                               

虎ノ門ヒルズ

さずがのヒルズ。
森ビル感満載の、往年のバブル感も定番であって、なかなか好きかもしれません。
IMG_20160829_183629
    
ただ、ドラえもんに耳があるっていうのは、コロコロコミックあたりのドラえもんズということでしょうか。
               
 
そして虎ノ門ヒルズの中のお花屋さん。
IMG_20160829_183322
          
そういえばこんなことを思い出した。
「女性が自分のためのお買い物で、すっごく笑顔になれるのって、何屋さん?」
→ 答えは最後に。
     

だらだら仕事しているから、帰宅時間が遅かったり。

NEWoMan、というよりバスタだな。
あぁ、遠くへ行きたい。今乗ったら、朝には京都だな。
IMG_20160728_210518
                       
そしてコレ。
お盆時期の終電はガラガラ。
断じて盗撮などではない。なにか、後で調べなくちゃいけなくて、そのメモとして撮っていたはず。
IMG_20160821_230515
      
               

撮影、っていうのもあった

スマホで撮ったら、炎天下の外からの光で白とびしてた。
IMG_20160825_112908
                     
                   
そして、綿花はつぼみに。
IMG_20160728_090816
                    
                 

「女性が自分のためのお買い物で、すっごく笑顔になれるのって、何屋さん?」

答えは三つ。
             
一つ目:お花屋さん。
二つ目:ケーキ屋さん。
三つ目:洋服屋さん。
              
たしかに、女性の笑顔が簡単に想像できる。
                      
綿花はあっという間に綿に変わりました。
2016_08_16
                               
雨に濡れてしまったせいか、あんまりふわふわしてなさそうなのがザンネン。
               

そういえば、グルテンフリーダイエットやってます

炭水化物をカットするダイエットは、極端すぎて何にもいいことがなさそうなので、小麦粉を摂らないようにしている。
パン、パスタ、らーめんを食べないように気をつけ、だけど天ぷらくらいならいいかな、っていうゆるいグルテンフリー。
そばは十割そば限定な!
元祖十割そば 200g×5袋
元祖十割そば 200g×5袋
なので、立ち食い蕎麦はちょっとやめている。
なんでも、そば粉は10%くらいで、残りの90%は小麦粉らしいので。
                           
でもそうすると、お出汁をメインとした食べ物(主食という意味)がなかなか食べられないので、近頃はおでんを美味しくいただいています。
セブンイレブンは鈴木敏文氏が退任したおかげか、おでんフェア(¥70のやつ)がまさかの9/1~9/4まで。
例年だとお盆前、8/10くらいからスタートだったのに・・・。
                      
  


<次回予告>「お花屋さん、ケーキ屋さん、洋服屋さんで女性が笑顔になれる、その理由とは?」

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad1